キメツケ!ふりかけ&塩昆布復活レシピ!ボルディエ海藻バターの作り方も!(2020年9月8日放送)

2020年9月9日放送の「やすとも・友近のキメツケ!」は余りがちなご飯のお供、ふりかけ&塩昆布の復活レシピ特集でした~!

超簡単にフランスのあのボルディエバターが家でできる?海藻バターの作り方も!

そして、余りがちなご飯のお供ベストテンの第3位のふりかけと第2位の塩昆布のアレンジレシピが盛りだくさんですよ~!

 

それでは早速、「やすとも・友近のキメツケ!ボルディエバターの作り方!ご飯のお供アレンジレシピ」見てみましょう~!

余りがちご飯のお供アレンジレシピ!

ついつい余らせてミイラ化しがちなご飯のお供のアレンジレシピを教えてくださるのは、フードスタイリストの川崎利栄さん!

主婦目線に立った料理本は大人気なんですよ~!!

そして、余りがちなご飯のお供ランキングは、

1位 ごはんですよ!

2位 塩昆布

3位 ふりかけ

4位 鮭フレーク

5位 梅干し

6位 キムチ

7位 食べるラー油

8位 明太子

9位 なめ茸

10位 お茶漬けの素

なんだそうですよ~!

長持ちするふりかけの保存方法

湿ってしまったふりかけはフライパンで炒ると湿り気は飛ぶそうですが、同時にうま味も飛んでしまうそうです。

そんな余りがちなごはんのお供のふりかけの保存方法ですが、

① 乾燥剤を入れてしっかり密閉する

② 湿気が少ない冷蔵庫で保存する

もし可能であれば、冷凍庫で保存することもおすすめなのだそうですよ!

そうすることで、賞味期限を過ぎても美味しくいただけるんですって!

関西人が好きなふりかけランキング

1位 のりたまご

2位 ゆかり

3位 おかか(かつお)

4位 鮭

5位 わさび

なんだそうですよ~!

 




 

ふりかけのアレンジレシピ

余りがちなご飯のお供ランキング3位のふりかけを使ったアレンジレシピを紹介していただきます!

豚ピーマンおかか炒め

① しょうゆ(大さじ1)としょうが(すりおろし1かけ)で豚肉(こま切れ200g)に下味をつける

② ごま油で乱切りしたピーマン(2個)を炒める(油とピーマンを入れてから火を入れる)

③ ピーマンに火が通ったら、下味をつけた①の豚肉を入れる(肉にはあまり触らないのがポイント)

④ おかかふりかけ(大さじ2~3)で味付けしたら出来上がり!

きざみオクラのゆかり和え

① 茹でて刻んだオクラ(5~6本)にゆかりふりかけ(小さじ1)とストレートめんつゆ(小さじ1)、塩(ひとつまみ)を加えて混ぜる

② お豆腐にのせてできあがり~!

ゆかりふりかけは梅干しの代用になるのでとっても便利ですよ~!

のりたまえびパン

① 粘りが出るまで叩いたむきえび(100g)にのりたまふりかけ(大さじ1)を加えて混ぜる

② サンドイッチ用のパン(2枚)を切って練り込む

③ 団子状に丸めて150℃の油で揚げたら出来上がり~!

 

塩こんぶを使ったアレンジレシピ

続いて、余りがちなご飯のお供ランキング第2位の塩昆布!!

何に入れても合うご飯のお供、塩こんぶ。

・入ってる量が多い

・子どもからの人気がない

・ご飯に使うにはパンチが強すぎるのでなかなか減らない

など、余らせてしまうことも多いそうです。

そんな塩こんぶを使いきるための簡単レシピを教えてもらいます。

厚揚げチーズ昆布

① 塩昆布(5g)とピザ用チーズ(30g)を混ぜ合わせる

② ①を半分の厚さに切った厚揚げにのせる(食パンでも美味しいですが、厚揚げにのせるとよりヘルシーに!)

③ トースターで2~3分焼き上げたら出来上がり~!

だしいらずの味噌汁

① 塩昆布(5g)、味噌(7g)、青ねぎ(ひとつまみ)に湯(150ml)を注ぐだけで出来上がり~!

なんちゃって海藻バター

フランスのボルディエバター風のバターが塩昆布でできるんですって!

魚介類を炒めてもよし、パンにつけるのももちろんおすすめですよ~!!

① 無塩バター(50g)に塩昆布(5g)を混ぜるだけ!ボルディエ風バターの完成です!

 




 

ごはんのお供後編もお楽しみに!

余りがちなご飯のお供ランキング4位の鮭フレークと1位のごはんですよ!のアレンジレシピは10月20日放送予定だそうですよ~!

 

今日のレシピを紹介してくださったフードスタイリストの川崎利栄さんの本はこちらですよ~!

 

関連記事

超豪華フランス料理の生おせち三段重はいかがですか?

私が3年連続でお取り寄せする、子どもも大人も大好きなおせち料理のご紹介です!

村上シェフの生おせち三段重 おせちはフランス料理をお取り寄せ!村上シェフの生おせち三段重を口コミ

 

ボルディエバターの本場、サンマロについてまとめています。

サンマロ サンマロへの行き方は?サンヴァンサン大聖堂・ボルディエバターも紹介!

バカンス中でしたが、ボルディエバターの本店にも行ってきました!ぜひチェックしてくださいね~!

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA