「タイピスト!」映画を口コミ!音楽やネタバレありの感想・名言も!

「タイピスト!」の映画を口コミ!音楽やネタバレありの感想・名言もご紹介します。

舞台は1959年、フランスで実際に行われていた「タイピング早打ち大会」をモチーフに、映画「オーケストラ!」のスタッフが集結して作られた映画です。

秘書になりたくて田舎を飛び出した、素直でキュートなローズと、少し臆病な保険屋の2代目社長ルイが描く、何度も見たくなるラブコメディ!

 

実は私自身、元秘書で、あるパソコン早打ち大会で県代表になったことがあり…。

あのプレッシャーと練習の辛さを知っているからこそ言えるのですが、個人戦で勝ち進むには、相当な精神力と緊張に対する強さが求められるのです。

そして、そこに描かれるコーチとの恋模様がまたドキドキなんです!

キュートなローズとイケメンのルイにぜひ、癒されてください!( *´艸`)

 

そんな「タイピスト!」の映画を口コミですが、無料試聴できる音楽と、ネタバレありの感想、ローズとルイの名言集など、私のわずかなフランス語力を駆使して、ネタてんこ盛りでお届けします!

ネタバレが嫌だと言われる方のために、ネタバレ前にはもう一度告知します。最後までもしくはネタバレ前まで(?)お読みいただけると嬉しいです!( *´艸`)

「今すぐ見て戻ってくるわ!」と言われる方は、31日間無料視聴できるU-NEXTがおすすめですよ~!


今すぐ「タイピスト!」を見る!

「タイピスト!」映画を口コミ!!

「アーティスト」「オーケストラ!」と同じスタッフが集結して作った「タイピスト!」。

私自身、「オーケストラ!」を見た時、ラストで大泣きして3日間ぐらい引きずっていたのですが(笑)、「タイピスト!」は違う引きずり方をしています(ネタバレするので最後に言います。笑)

まずはじめに、「タイピスト!」の原題・あらすじ・衣装・キャストについて、語らせてくださいね~!

「タイピスト!」の原題は?

フランス語の原題は「POPULAIRE」(ポピュレール)です。

ローズが世界大会に出場することが決まり、タイプライターのメーカーであるジャピー社がローズのために作ったマシンの名前が「POPILAIRE」だったのです。

「タイピスト!」の衣装担当は?

1950年代のレトロな衣装がステキな「タイピスト!」ですが、ローズが着ているたくさんのワンピースがとても可愛くてセクシーなんです!

その衣装を担当しているのが、スタイリストのCharlotte David(シャルロット・ダビッド)です。

2018年に公開された、フランスの女子サッカーチームを題材にした映画「Comme des garçons」の衣装も手掛けられたそうです。

「タイピスト!」のキャストは?

ローズ・パンフィル(Rose Pamphyle):デボラ・フランソワ(Déborah François)

ルイ・エシャール(Louis Échard): ロマン・デュリス(Romain Duris)

「タイピスト!」の音楽(サントラ)は?

apple music よりお借りしています。

再生ボタンで無料視聴できるので、ぜひ、「タイピスト!」の世界に浸っていってくださいね~!

「タイピスト!」の主なあらすじ

舞台は1950年代のフランス。
バス=ノルマンディーの田舎の小売店に生まれ育ったローズ・パンフィルは都会へ出たかった。

エシャール保険会社の秘書採用試験を受け、「秘書には向いていない」と断られたにも関わらず、タイピングの技術を雇い主のルイに披露する。
すごい速度で一本指で打つローズを見たルイはローズを採用する。

父親の反対を押し切って、ルイのもとで働くことになったローズ。

田舎をを飛び出してきた以上、簡単に戻ることはできない。

1週間雇ってはみたものの、困難が多すぎるローズ…。

秘書をクビにしない代わりに、タイピングの早打ち大会に出ることを勧める。

 

やがて、地方大会に出場するものの、一本指でタイピングしていたため、敗退。

あきらめて地元に帰ろうとするローズをルイは引き止める。
十本指で打って次の大会で優勝できるよう、ルイの家に住んで特訓することになった。

ルイが特訓部屋からいなくなった瞬間、十本指から一本指に変えるローズ。

音で気づいて、すぐに特訓部屋に戻り「田舎に戻るバスならあるぞ!」と怒るルイ…。

そんなホッコリするシーンもあれば、タイピングのしすぎで背中を痛がるローズをルイがマッサージする、キュンキュンするシーンも…。

 

やがて、2回目の地方大会では予選1位通過し、タイピストの風格が出てくるローズ。
バス=ノルマンディーの地方大会で優勝し、全仏大会に出場することになる。

ルイに恋してどんどんタイピングが速くなるローズが可愛くて、一生懸命で、真っ直ぐで…。

ローズを心から応援したくなって、ローズとルイの世界にどんどん吸い込まれていく映画「タイピスト」おすすめです!!

 

そして、ここからはネタバレ感想に入ります。

「結末を知る前に見たいのー!」と言われる方は、31日間無料視聴できるU-NEXTでどうぞ!


今すぐ「タイピスト!」を見る!

 

 




 

「タイピスト!」映画のネタバレ感想

ここからはあらすじの続きを感想を交えつつ、お話ししたいと思います。

実は私、フランスの恋愛映画を見てここまで泣くのは初めてでした。

フランス語で聞き取ろうと、何度も同じシーンを見続け、大号泣!!(笑)

立ち直るのに3日ぐらいかかって、今、やっと感想を書くところにこぎつけました(笑)

突然ルイの婚約者になるローズ

ルイにどんどん惹かれていくローズですが、ルイに利用されているだけだと考えてしまうのです。

ルイと、ルイの元カノのマリの旦那ボブのゲームに巻き込まれているだけで、ルイはローズをタイプライターの早打ち大会に優勝させたいだけだと考えてしまうのです。

そんなローズは、誕生日を祝ってくれたルイと大ゲンカしてしまいます。
「toutes mes excuses」( 心からごめんなさい)とタイプライターに打つローズが切なくて…。

ルイの家族がクリスマスに休暇にルイの家にやってくるので、休暇を取って田舎に帰るようにとローズに言います。

一緒にクリスマスを過ごせない寂しさと、家族に紹介してもらえない悲しみと…。

田舎に帰ってみると、パパは近くの親戚の家にいるとのことで会うことができず、「私の才能はタイプを打つことだけ」と、ママのお墓に話しかけるのです。

 

クリスマスに行き場を失くしたローズが、ひと晩だけ泊めて欲しいとルイの元カノのマリの家へ行くと、マリは激怒。

ローズを連れて、「婚約者を連れてきました~!」とルイの両親に挨拶しに行くのです。

高級ワインを飲んで酔っ払ったローズは、ルイをバカにする父親に向かって暴言を吐き、父親の存在を脅かします。

そして、ルイに「私、絶対に優勝するわ!お父さんがあなたを誇りに思うから!」と約束します。

 

全国大会前日の夜…。

全国大会前日の夜、パリのホテルで赤いドレスを着てルイの前に現れた大人っぽいローズ。

ルイはローズに「君は別人のようだ」と話しかけ、いい雰囲気になるものの、「大会前日にそんなことはできない」と言いながらも、ふたりは結ばれるのです。

そして、翌日の全国大会で決勝まで進み、最後の5分の決勝で、ルイはローズに全仏記録を抜いていたのに今までウソをついて厳しくしていたと言い、ローズを怒らせます。
ローズは優勝し、ルイに喜びを伝えに行くのですが、ジャピー社と契約するように言います。

「試合がなければ一緒に寝なかった」「勝たせるためだった」とルイはまたウソをつくのです。

 

そして、世界大会へ…

スターになってタイプライター「POPULAIRE」のCMに出て、とても華やかな世界にいるのに、心はからっぽのローズ。

ルイに連絡しても電話に出ることはなく、ルイは憔悴しきってお酒ばかり飲んでいたのです。

いよいよ世界大会で決勝まで進出したローズは、小さくて打ちやすい「POPULAIRE」ではなく、誕生日に父から送ってもらった、最初に使っていたマシンを取りに舞台裏へ行きます。
ジャピー社のコーチに新しいマシンを使うように説得されていた時、背後から「君にはそれが合っている」とルイが現れるのです!

「君こそ僕の幸せだ」と言って、ローズを決勝に送り出します。

「最後にアドバイスをして欲しい」というローズに「叩き潰せ!」と笑顔で答えるルイ。

ルイからの愛をいっぱい受けて、決勝でタイプライターを打ちまくるローズがいきいきしていて、自分のことのように嬉しくて…。
ラストシーンでは、ローズの優勝を心から喜ぶお父さんやマリ、ローズに出会ったたくさんの人々が次々に映され…。

たくさんの人に愛されるローズを見て、「ヨカッタなぁ~!!」と、ラストシーンはタオルを握りしめての大号泣でした!

 




 

「タイピスト!」ローズとルイの名言集

私のわずかなフランス語力を活かして、ローズとルイの愛の名言集をつくってみました。

1か所だけどうしても聞き取れない場所があったので、悔しいですが「・・・・・」と書いています。ご了承いただきますようお願いします。

その他のフレーズに関しては、信じるか信じないかは、皆さん次第(!笑)でお願いします♪( *´艸`)

全国大会前夜のラブシーンで…

君は別人のようだ
Tu n’es plus le personnes.

私はいつも同じ、違うのはドレスよ
Je suis toujour à la même. C’est le robe qui differant.

全国大会に優勝したあと、別れが訪れるシーン

もう僕は必要ない
Tu n’a plus en moi,Rose.
必要よ
C’est toi que je veux.

愛してるの!
Je t’aime.

僕は違う
Pas moi.

ウソよ ウソつきだもの
Tu ments. je sais que ton 「・・・・・」maintenant.

試合がなければ寝ることもなかった
Sans les championats, on aurait jamais fini dans même lit

ウソ
Tu ments.

君を勝たせるためだ
Je l’avais besoin au gagner.

ひどい
Je pensais que tu ferais mieux que ça.

 

このシーンのローズの「Je t’aime(愛してるの)」が強くて切なくて悲しくて…。

何度も繰り返し聞けば聞くほど、涙が止まらなくなって、もうタイヘンでした!(笑)

「こんなに好きって叫んでるのに、オマエどこ行くね~ん!」とルイに怒りすら覚えました…(笑)

世界大会決勝の時のルイの名言

世界大会でローズに愛を伝えたルイが言ったひと言。

君こそ僕の幸せ
Tout ce que tu es me rend heureux.

まとめ

ルイのためにあの重いタイプライターを、1分間に512文字も打ったのですから…。

ローズの想いが届いて、世界大会で優勝できて、本当にヨカッタ!!

ルイのために一生懸命なローズのかわいらしさと、シャイでイケメンなルイに思いっきり癒されてくださいね~♪( *´艸`)

 

「タイピスト!」を見るには、31日間無料視聴できるU-NEXTがおススメですよ~!


今すぐ「タイピスト!」を見る!

「タイピスト!」と同じスタッフが製作した「オーケストラ!」のネタバレ感想もおすすめです!

「オーケストラ!」映画のあらすじとネタバレ感想!笑って泣くにはコレ!

 

フランス映画を見るなら、U-NEXTがおすすめです!

U-NEXTならフランス映画が見放題?日本語字幕でフランス語の聞き取り練習!

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA