「文法から学べるフランス語」を口コミ!15年間使い続ける理由とは?

「『文法から学べるフランス語』を口コミ!15年間使い続ける理由とは?」についてお話しします。

フランス語と言えば、「文法がややこしい」とよく言われます。
このブログを始めてから、「フランス語、勉強したことあるけどあきらめたんです~」というお話をよく聞きます。
「どこであきらめたんですか?」と聞くと、ほとんどの人が「数字」か「男性名詞と女性名詞」と言われます。
まだ始まったところでりきなりつまずいてしまって、数字や冠詞や活用など、どんどん進んでいってしまうのではないでしょうか?


ノート 男性名詞と女性名詞の覚え方!たった1文字で見分けるコツとは?

男性名詞と女性名詞にしても。動詞の活用にしても、最初の壁をクリアすれば、あとはパターンを覚えていくだけなのがフランス語の特徴です。
そんな、いちばん最初の壁を乗り越えるサポートをしてくれたのが、「文法から学べるフランス語」なのです。

フランス語学習を始めたばかりの私が出会った「文法から学べるフランス語」。
これまでの15年間、いつもそばに置いて使っている理由とおすすめポイントを、全力で紹介させてくださいね~♪




「文法から学べるフランス語」を口コミ!

私が「文法から学べるフランス語」と出会ったのは、フランス赴任の打診があった直後…。
日本で最初に通った語学学校の先生に「自分が使いやすい文法本を用意した方がいいよ~」と言われた時でした。
フランスに行ってからでは日本語の本を買うのは高いし、パリでないと手に入らないと言われていたので、何冊か同時に購入することに…。
その数冊の中で、私が初心者だったにいちばんよく読んだ本がこの「文法から学べるフランス語」でした。

f:id:nabekosaan:20190209123152j:plain

そんな「文法から学べるフランス語」ですが、フランス語を習い始めて15年以上たった今でもしょっちゅう開いて見ています。
私自身、フランス語でほとんどの文法を習ったのとで、文法名をフランス語で聞いている時はなんとなくわかるのですが、ふと日本語で考えると「え?」とパニックになり…。
子育てが忙しかった5~6年間は、ほとんどフランス語に触れていなかったので、文法も忘れ放題なのです。
いざという時に日本語で確認できる、とってもおすすめの一冊です!

今日は、そんな「文法から学べるフランス語」を口コミさせてください。私が15年間使い続ける理由と、そのおススメポイントについて、じっくり語りたいと思います!( *´艸`)

「文法から学べるフランス語」を15年間使い続ける理由とは?

今から約15年前、当時はまだ、フランス語の文法書の選択肢があまり多くありませんでした。
そんな中で私がこの「文法から学べるフランス語」を選んで、15年間使い続けている理由についてお話ししたいと思います。
個人差や好みの違いがあるので、一概には言えませんが、私のこだわりをお話しさせてくださいね~。

f:id:nabekosaan:20190209124042j:plain

表や色分けがシンプルでわかりやすい

もともとノートを書くのが大好きなので、表や色分けや矢印を使って説明されていると、真似するだけでキレイにまとめることができるんです。
表が多くて見やすいのも嬉しいですよね~!

私自身、フランス赴任の打診があってから、1年足らずでフランスに住み始めたので、日本でじっくり文法を覚えている時間はありませんでした。
フルタイムで働いていた仕事を辞めてからは、引っ越し準備や送別会で動き回っていたので、実際に落ち着いて文法本を見たのは、実はフランスに住み始めてからだったんです。
フランスに住み始めた頃、朝からは語学学校で勉強して、午後からは自宅に帰って、授業でわからなかったことをこの「文法から学べるフランス語」を見ながら復習していました。

ただ、頭ではわかっていても、それが言葉として出てくるのは、もっともっと先のことでした。
文法も発音も、何度も何度も書いて覚えて、自分の引き出しに詰め込んでいって、フランス語を習い始めて1年半でやっと自分の声で言葉となって出てきましたが、それまでは「ウィー」か「ノン」がほとんどでした。

自分のフランス語が話せるようになるまではさらに遠い道のりで、その間、ずーっと私を支えてくれていた文法書がこの「文法から学べるフランス語」なのです。

ひとつずつの文法が簡潔にまとめられている

他の文法書もいくつか見てきましたが、お話のようにまとめられていたり、ひとつのコンテンツにいくつもの文法がまとめられていたり、ちょこっとだけ勉強できるものがあまりなかったんです。
私自身、「フランスで暮らせるレベルのフランス語を少しでも早く身につけて、ホームシックから脱出したい」と思っていたので、できるだけ要領よく、簡潔にまとめられた本を探していました。

あれから15年たって、気になる文法書がたくさん出ているので、少しずつ集めたいと思っていますが、あの頃の私のように、急いでガツガツ勉強したい方には、この「文法から学べるフランス語」はダントツでおすすめです!

とっても持ちやすいサイズ感

フランス語を始めた当初、フルタイムで仕事に言っていたので、満員電車でちょこっと開けることができる本にこだわっていました。
渡仏前は歯医者通いや健康診断、語学学校の空き時間など、外で勉強することが特に多い時期なので、A5サイズの小さな本とノートがラクチンなんです。
そして、渡仏後もペットボトルの水やフランスの大きなファイル、電子辞書など、日本にいる時よりも荷物が大きくなるので、小さい本がおすすめです。

今は子育て中なので、家で勉強することがほとんどですが、狭い家の本棚にしっくり収まるサイズ感がやっぱり大好きです( *´艸`)

「文法から学べるフランス語」のおすすめポイントは?

15年間使い続けてきた理由がおすすめポイントそのものなのですが、これからフランス語を勉強したいと思っている方に、私なりの「文法から学べるフランス語」のおすすめポイントをまとめておきたいと思います、

日本語で文法名がしっかり書かれている

中にはダイアログのタイトルが大きく書かれている文法書もあったりして、なかなか覚えにくいのが文法名なのですが、日本語でしっかり覚えておかないと、フランス語の文法名を言われた時、辞書で調べてもピンとこなくて焦る時があります。

フランス語ではわからないことでも、日本語で「複合過去」とか「半過去」と言われたらなんとなくわかったりもします。
文章の型を見て、いったい何の話をしているのかをわかるようにするためには、日本語で文法名をしっかり覚えていくことをおすすめします。

f:id:nabekosaan:20190209123427j:plain

本を見ながらCDを聞くことで文法を叩き込む

本についているCDは文法説明ではなく、全61レッスンの動詞の活用とダイアログ、例文を読んでいる音声が収録されています。
フランス語の本についているCDの中ではかなり遅めに読んでいるので、じっくりネイティブの発音を聞きたい方におすすめです。
動詞の活用や表の中もすべて読んでくれているので、本を見ながらわからないところをどんどんメモするようにして何度も聞くと、発音のコツも活用の発音も覚えられると思います。

練習問題で確認できる

コンテンツごとに穴埋めの練習問題があるので、その場で理解度を確認することが可能です。
同じタイトルの書き込み式ドリルも別売りされているので、さらにたくさんの問題を解いて理解を深めることも可能です!

フランス語のオンラインレッスンはアンサンブルアンフランセがおすすめ♪

独学でフランス語を勉強するのが辛いと思われている方に、オンラインフランス語学校のアンサンブルアンフランセがおすすめです!

50分マンツーマンで2,500円(税込・月4回コース)からと格安です!

入会金がお得になるお話も書いてあるので、ぜひこの機会にチェックしてくださいね~♪( *´艸`)

Paris アンサンブルアンフランセの入会金が無料に?お得な会員登録方法を口コミ!

アンサンブルアンフランセ公式サイトへ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!